免許取得を目指す方必見!合宿免許基礎知識

安価で短期集中スタイルの教習所

運転免許証をより確実に取得するには、教習所通いが必要です。ですが通学スタイルの場合、希望通りの日時に路上教習の予約が確保できない、費用面の負担が大きく、数ヵ月の教習期間が必要など、いくつかのデメリットが見過ごせません。合宿免許はその名の通り、参加者が合宿生活を過ごす中、短期集中で所定の教習を終了するスピード感と、通学教習と比較して安価な費用設定で、多くの方々が選択している教習スタイルです。

開催地は都心部から離れた地方都市が多く、仲の良い友人同士で参加すれば、旅行気分で一緒に免許取得を目指せるだけでなく、同じ目的を持つ、新たな友人との出会いも魅力です。もちろんカリキュラムは国が指定した内容と時間に基づき作成されており、単なる詰め込み教習ではありません。オフタイムに仲間同士で地元観光を楽しむなど、楽しく見分を広げられるのもまた、合宿免許ならではのメリットと言えるでしょう。

こんな人におすすめ

合宿免許は全国各地から集う、同じ目的を持つ参加者との共同生活を営むことになります。主催者が用意する施設によって詳細は異なりますが、食事は定められた時間内に所定の食堂を利用するスタイルが多く、掃除洗濯などは参加者自身での対応が必要です。ホテル滞在のような至れり尽くせりの顧客対応は基本期待できず、自分のことは自分でやる姿勢が求められます。

そんな合宿免許は、外交的かつ積極的な人、短期集中で確実に免許を取得したい人、費用面を抑えたい人にマッチしています。実際に卒業までに要する日数はさまざまですが、最短で2週間半くらいから3週間前後の期間設定が多く、通学スタイルと比較して大幅な時間短縮が大きな魅力です。またお正月休みを挟んだ、年末から年始にかけてのコースに参加することで、自身の帰省を絡めることも可能です。一定期間まとまった休みを確保する必要があるため、社会人には不向きですが、学生さんやフリーの方々であれば、そのメリットを最大限に活かした教習受講が可能です。

合宿免許参加に際しての注意点

新たに出会った仲間との楽しい毎日が魅力の合宿免許ですが、自己管理を怠り、楽しさだけに流されてしまうと、当初の予定通りに卒業できなくなってしまうため、注意が必要です。誤った仲間意識に流されてしまい、講義に遅刻したり無断欠席する、あるいは合宿所で定められたルールを無視する参加者が、残念ですがゼロとは言えないのも事実です。チームワークは大切ですが、悪い生活態度に流されることなく、常に一番の目的である免許取得を意識した、受講並びに運転教習に臨む姿勢が求められます。

また免許取得後、都心部で直ぐに運転を始める予定の場合、地方都市の交通量が少ない公道での路上教習だけでは、いざ本番を迎えた際に、戸惑いを覚える可能性が否めません。路上教習環境に関しては、全国それぞれ大きな差が見られて当然です。広大な土地が広がる、渋滞とは無縁の地域の合宿免許を卒業した場合、いざドライバーデビューした際に、大きな戸惑いを覚えたとの体験談も少なくありません。運転スキルの維持と向上に関しては、まずは合宿免許で確実に運転免許証を取得した上で、運転感覚が鈍らぬよう、常に自ら積極的にハンドルを握る姿勢が望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です