合宿免許の時に必要になる持ち物について

必ず持っていかなければならない重要な持ち物

合宿免許の時は、本人確認書類としてパスポートや健康保険証などを持っていくと良いです。すでに運転免許を持っている場合は、手持ちの免許証を持っていくのを忘れないようにしましょう。また、住民票も所持品リストに加えておくべき書類となります。郵送などで提出する方法もありますが、渡していない場合は忘れないようにしましょう。重要なのは古い住民票ではなく、発行日から3ヶカ月以内の新しい書類を持っていく事です。本人確認書類の内容と一致しているかどうかも確認しておく必要があります。

印鑑も重要な存在であるため、忘れてはいけません。小さくてなくしやすいため、分かりやすい所に入れて持っていくのが良いでしょう。種類はシャチハタではない物にして、朱肉を使う印鑑を選ぶのが重要です。外国籍の人の場合は、それらの持ち物に加えて在留カードか特別永住者証明書を持っていくと良いです。その際に、在留カードと特別永住者証明書の番号が違う場合は注意する必要があります。手間がかかりますが、同じ番号になるように住民票を取り直さなければなりません。

持っていった方が良い持ち物

合宿免許へ持って行くべき物は、色々とありますが、一番重要なのはお金と保険証でしょう。飲食代にしたり、追加で必要になった物を購入するために、多めのお金を財布に入れておくと良いです。財布がかさばるのが嫌だという人はカードでも良いですが、使える所が限られてくるため、現金の方を多めに持ち歩いた方が不便がなくてよいかもしれません。保険証は怪我をした時や病気になった時に必要になります。健康に自信があるという人でも、何があるか分からないため常に持ち歩く物と一緒にしておくと、いざという時に困らずにすみます。

持って行った方が良い持ち物の中には、筆記用具もあります。メモを取る時や、勉強する時には、三色ボールペンや二色ボールペンなどがあれば、色を変えるだけで重要なところを区別できるため便利でしょう。筆記用具は合宿所の近くで購入するという方法もありますが、店が離れた場所にあったり営業していない場合もあります。合宿所の周囲の環境を考えながら、リストに入れるかどうか決めると良いです。その他はタオルや着替え、歯磨きセットなどもあると便利です。日常生活をおくるうえで必要になる持ち物は、一通りリストに加えておきましょう。男性は髭剃り機などを忘れやすいため、念入りにチェックする必要があります。

無いと意外と困る持ち物とは

合宿期間中には、気晴らしに散歩したり外出したりする事もあるでしょう。しかし、雨天の日もあるため雨具を持っていくのをおすすめします。最低でも折り畳み傘一本は所持品リストに加えておくと、後で困らずにすむでしょう。スマホをよく見る人は、充電機なども必要になります。調べ事に使用したり、気晴らしにゲームをする人は気をつけておくべきです。健康面を考えると、マスクや風邪薬などを持って行くと良いかもしれません。環境が変わる事で体調を崩してしまう人もいるため、万が一の事態に備えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です