普通第二種免許とは

そもそも普通第二種免許とは、日本の免許区分のひとつで、二種免許とは乗客(旅客)を運ぶ目的で、旅客自動車を運転する時に必要となる免許です。例えばバスやタクシーの運転手をするのに必要となる免許であるということになります。また、いわゆる「自動車免許」とは普通第一種免許のことで、許可された車を運転するのに必要な免許で、自動車を運転するなら最低限必要な免許です。

受験資格は、満21歳以上であり、他の第二種運転免許をすでに取得しているか、普通自動車・中型自動車・大型自動車・大型特殊自動車のいずれかの第一種免許取得者で、運転経歴が3年以上経過していること(免許停止期間中を除く)です。普通自動車免許しか持っていなくても、取得してから3年たっていれば第二種免許の受験資格が発生するということです。また視力も規定があり、片眼で0.5以上、両眼で0.8以上であること。深視力という立体視における遠近感、立体感を測る検査で誤差2cm以下であることです。こちらは普通自動車免許の要件より少し基準が高く設けられていますが、矯正視力でこの数値あればいいので、そこまで困難な基準ではないはずです。色彩識別も仏自動車免許の要件と同様、赤青黄色の識別ができ、聴力についても日常会話に不自由なければ問題ありません。

そして普通第二種免許取得までの流れですが、学科教習と技能教習の両方を進めていく必要があります。二輪免許であれば、すでに普通免許を取得していれば学科教習は免除という規定がありますが、普通第二種免許の取得には学科教習の受講が必須ということなので、学科試験に合格しないと先に進めないということになります。

技能試験の項目は主に、縦列駐車、方向転換、鋭角コースの3つの中からランダムで2つ指定され、その指定コースを回ります。基本的な交通ルールに則り、試験を受ければ少なくとも一発不合格ということはないでしょうから、落ち着いて受けましょう。ただし、冒頭でも述べた通り、第二種免許は旅客輸送を行うための免許です。第一種免許よりも高度な運転技術が求められていることは認識しておきましょう。つまり、常にお客様を乗せていることを頭に入れて運転することになるので、無理な運転をしないことや危険予知能力(かもしれない運転)を常に心がけて運転する必要があるということです。いざ第二種免許を取得したとしてもこれらの認識が薄く、事故にあってしまってはいけません。もし試験に落ちたとしても今一度自分の運転を見つめ直して再度挑戦しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です