合宿免許と通学免許ではどちらが魅力的か

コスト面を比較してみよう

合宿免許と通学免許の違いとしてよく着目されているのがコストです。一般的には合宿で免許を取った方が教習所に通って取るよりも安上がりになります。教習所に申し込むときには教習料金や検定の受検料、テキスト代などをまとめて支払う形が一般的ですが、その金額を比較すると二割くらいは合宿免許の方が安くなっているのです。合宿免許のコストには宿泊費が含まれていることが多く、食費までカバーされているプランも目立ちます。さらには往復の交通についてもバスを手配してくれているケースまであるのです。ただ、プランによっては宿泊費や食費、現地までの交通費は全て別となっている場合もあるので気をつけましょう。それも加味すると通学免許の方が安いプランもあるのです。

ただ、通学の場合にも生活する際の食費などがかかっているのも確かです。自炊している人の場合には外食になると高くなると気にかけるかもしれませんが、合宿プランの中には自炊できるものもあります。外食や中食が中心の生活をしている人も、合宿の場合には教習所に安い食堂があることが多いので食費を節約できるでしょう。交通費についても通学の場合にも毎回バス代や電車代などがかかることもあります。総合的に考えるとやはり通学免許の方が安くできることが多いのです。

仕事やプライベートとの兼ね合いを考えてみよう

合宿免許と通学免許のメリットとデメリットを比較する上で重要なのが、仕事やプライベートとの兼ね合いです。合宿で免許を取るには普通免許なら少なくとも15日間はかかってしまうため、まとまった休みを取れなければなりません。実際には検定で落ちてしまって延長することになる場合もあるので、数日は余裕を持っておくのが無難です。仕事をしている人はそれほどまとまった休みを取れることはあまりなく、学生や主婦であっても習い事やサークル、家事や育児などとの兼ね合いで二週間以上も家を空けるのは難しい場合が多いでしょう。この点では自由に時間を選んで教習を受けられる通学免許に軍配が上がります。

ただ、免許取得にかかる期間を考えると合宿免許の方が圧倒的に短いのは確かです。通学の場合には一ヶ月以内に取れれば早い方で、繁忙期の場合には二ヶ月くらいかかってしまうこともあります。仕事の都合で一刻も早く免許を取らなければならない、親の介護や子供の送迎のために車をすぐにでも運転できるようになりたいといったケースでは合宿で免許を取得した方が合理的だと考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です